試して買いやすい!おすすめ試着通販【即日出荷・返品無料】
*

女性薄毛原因

女性薄毛の原因

女性の薄毛は「びまん性脱毛症」が多かったのですが、最近ではAGA(男性型脱毛症)で薄毛になる女性も増えてきています。
びまん性脱毛症とAGAの違いは
 
びまん性脱毛症:毛髪の太さは変わらず、頭部全体が薄くなっていく
AGA:毛髪の太さが細くなり、分け目などから薄くなっていく
 
といったものです。

AGAの原因

AGAで薄毛になる一般的な原因は、ホルモンバランスだと考えられています。
AGAは男性ホルモンが多いとなりやすいのですが、女性は年齢と共に女性ホルモンが減少し相対的に男性ホルモンが増えてしまうため、AGAになる女性がいるというわけです。
 
また、AGAはストレスや生活習慣も関係してきます。
食生活が欧米化し血液がどろどろになってしまい、毛髪に栄養がいかなくなってしまうことも薄毛の原因だと考えられます。
肉類やファストフード、油分を多く含んだポテトチップスなどはなるべく控えるようにし、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。
 
毛髪は寝ている間に血液から栄養をもらおうとするため、十分に睡眠をとることも大切です。
睡眠時間を7~8時間とり、22~2時の間に寝るのが良いと言われています。

薄毛を治すには?

薄毛を治すには、食事や睡眠などの生活習慣を見直すこととストレスを溜めすぎないことが大切です。
当然、育毛剤は使った方が良いのですが、普段の生活を見直さないことには育毛剤の効果もあまり期待できません。
 
ストレスを発散するには、趣味など好きなことをするか運動が良いと言われています。
特に運動は、体全体を動かすため血流の流れが良くなり毛髪に栄養がいきやすくなります。
毎日30分程度のジョギングでも効果があるのでやってみましょう。
 
薄毛の症状が深刻な場合は、やはり病院へ行ったほうが良いでしょう。
病院によって皮膚科や内科と扱う科が違うのですが、若い女性で薄毛と共に生理不順などがあったら薄毛の原因が卵巣機能の低下にあるかもしれませんので、婦人科で受診するのが良いかもしれません。